白髪染めと普通のヘアカラーの違いとは?

白髪染めのQ&A

白髪染めとヘアカラーはどちらも「髪の色を変化させるもの」だから同じだ、と考えている人が居ます。まったく同じならば白髪染めは何か年寄り的な感じがする上に色のバリエーションが多くありません。せいぜい黒から茶色にかけて濃いか薄いかの違いがあるくらいです。それにくらべてヘアカラーは色の種類が豊富です。おしゃれな感じもするのでこちらを選びたくなります。しかし結論から言うと、実は白髪染めとヘアカラーは別物です。ここでは、その違いを明らかにしていきたいと思います。


 

色を染める手順と方法の違い

言ってしまえば白髪染めもヘアカラーの一種なのですが、染める対象の色が違います。白髪染めは白い毛を染めるもので、ヘアカラーは黒い毛を染めるのが基本なのです。白髪染めは白い毛に色を入れるのと同時に髪の毛がすべて真っ白でない限りは残りの黒い毛も同じ色に染めなければ不自然になってしまいます。そのために「染める力(染毛力)」は強くなっています。


 
それに対してヘアカラーは順序が変わります。日本人の黒髪はメラニン色素が多いためにかなり深い黒色になっています。ここに色を入れるためには一度ブリーチ(脱色)してから色を入れるという作業をしなくてはいけません。そのためにヘアカラーにはブリーチ成分が多く含まれています。ブリーチ剤は髪や皮膚に傷めることがあるために、何度も連続して使用していると髪のキューティクルをすべて削ぎ取ってしまい、髪がバサバサになってくるので注意が必要です。ダメージのことを考えるなら少し支出は増えますが、美容院でプロにしてもらうのが安全で確実と言えるでしょう。

 

髪に対するダメージの違いは?

先ほども少し述べましたが、ヘアカラーはブリーチ剤が多く含まれているために髪へのダメージはかなりきついものになります。髪を染めるものとしてはヘアカラーの他にヘアマニキュアやヘアトリートメント、ヘアスプレーなどがあります。そのうちヘアマニキュアやヘアトリートメントは髪の表面を黒い色の成分でコーティングするだけですので、髪へのダメージはあまりありません。黒いヘアスプレーなどはとりあえずその日、そのときだけ黒い色に見せたいというものですので、洗えば落ちる程度のものです。

 

白髪染めにも一応多少ですがブリーチ剤が含まれています。また、髪を染める成分がかなり強く入っているためにこれも使う頻度によっては髪を傷めていきます。しかしヘアカラーほどではないといったところです。

 

白髪の人がヘアカラーを使ったらどうなる?

たとえば髪全体に白髪が少し混じっているくらいであればヘアカラーで染めても何も問題はありません。しかし白髪の量が多くなってくるとやはり話は別です。白髪には白髪染めほど綺麗に色が入らずに、他の黒い毛はしっかり染まっていきます。その結果、色がまだらになったり、不自然な色の境界線ができたりしてしまうのです。白髪染めは白い毛に色を入れるだけでなく、黒い髪の毛も同じ色で染めることができるのが強みです。


 
特に年齢がすすんでいくとメラニン色素を作り出す細胞であるメラノサイトが活動を弱めていくために、人によっては白髪がどんどん増加していきます。そう考えると長く使用し続けて白髪が増えていっている状況であれば、白髪染めを使用した方が自然な仕上がりになることは間違いありません。

 

白髪染めとヘアカラーをどう使い分けるのが良いか

この二つはそれぞれに特徴があるためにうまく使い分けていくことが重要です。特に男性にありがちなことですが、どうしても若いうちはおしゃれに気をつかうために髪の毛を染めたり、パーマをかけたりしがちです。こういったことはそのときの見栄えは良くなるのですが、髪に深刻なダメージを蓄積させていっていることを忘れてはいけません。

 

ヘアカラーはブリーチ剤を多く含んでいて、一度脱色してから色を入れるということを行っているためにしっかりと色は入ります。皮肉なことですが、髪の毛を傷めてキューティクルを剥がし、ボロボロになっている方が色が染みこみやすいということもあるのです。そして髪の毛にダメージを与え続けていると30代になったあたり、早い人なら20代後半くらいからAGA(男性型脱毛症)に悩まされるようになっていくのです。要するにハゲて髪の毛が減ってきます。

 

白髪染めはおそらく一定量の白髪が出ていないと使用することはあまりないと思われます。しかし若いころからヘアカラーを使用していて、白髪が相当量増えてきているのにそのままヘアカラーを使用している人もいるのです。これは今まで述べてきたように髪の毛のことを考えると良くないのです。きちんと白髪染めを使う方が髪にとってはダメージが少ないです。

 

髪の毛に余計なダメージを与えたくないのであれば、理容室や美容院でプロに行ってもらうか、正しい使用法を聞いた上で市販のものを使用するようにしましょう。それだけでもかなり改善されます。

 

まとめ

このように白髪染めとヘアカラーは一見似たようなものですが、実はまったく違う性質を持っていることがわかりました。もし、髪の毛を染めようと考えている場合は、自分がどちらを使うのが良いかを考えた上で、適切に正しい使い方で行うようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。