自宅でできる白髪染めを選ぶコツ

白髪染めコラム

白髪を染めるのにできれば美容院や理髪店で染めた方が良いということはわかっている。染め上がりも綺麗し、髪へのダメージも少ない。しかし料金が高い、ということがネックになってしょっちゅう行くわけにはいかない。そこで自宅で自分で白髪染めを行うということになってきます。自分で染める場合も用途や髪への負担などを考えて使い分けていくことが重要になります。ここではそれぞれの白髪染めと呼ばれるものの紹介とその特徴を紹介したいと思います。


 

ヘアカラータイプ

若い人が髪の色を変えるヘアカラーに近いタイプですが、成分などは大きく違います。普通のヘアカラーは黒い色を他の色に変えることを目的としていますが、白髪染めの場合は白い毛と他の黒い毛を同じ色合いに染めてしまうものです。そのために染毛力がより強くなっていると言えます。基本的には明るい色合いにしたりすることもできますので、広く使われることが多くなっています。

また、髪の内側からしっかりと色を入れて染めていくために一度行えばその効果はかなり長い間持続します。しかしその分だけ髪や頭皮に与えるダメージも大きなものになり、あまり期間を空けずに連続して使用するのは髪を傷めてしまう恐れがあります。

色合いはメーカーによって多少の差はありますが、多くは黒から茶色の間でグラデーションのように色合いが変化していくものになっています。一番濃い黒であれば、自毛よりも黒くすることができます。一番明るい茶色であれば、一般的なヘアカラーのようなとにかく明るい茶色にすることができます。そこまでは望んでいないという方は真ん中くらいの普通の茶色付近の色(ダークブラウン、ナチュラルブラウン、やや明るいナチュラルブラウンなど)を選べば、自然な仕上がりになります。

男性が使用する場合も一番黒い色を使用すると不自然なほどの黒さになってしまうことがあるために、一段階か二段階ほど明るい黒にしたほうが自然な色合いにすることができるでしょう。

 

ヘアマニキュア

これはヘアカラーなどとは違って髪の表面に色をつけるものになります。ヘアカラーほどの強い成分ではないものの、肌に直接ついてしまうとなかなか簡単には落ちないために使用には注意が必要です。そしてあくまで表面にのみ色をつけるものなので、たとえば染めた髪を一本ハサミで切ってみると毛の中身は白いままであることがよくわかります。ヘアカラーほど髪や頭皮に負担がかからないために、ある程度強く染めたいのだけども髪や頭皮には負担をかけたくないという人に向いていると言えます。

 

ヘアカラーシャンプー、ヘアカラートリートメント

これらは普段使用するシャンプーやトリートメントに白髪を染める染料が含まれているものになります。あくまで本来の用途が優先されているような成分になっていますので、毎日使っても問題のない製品が多く売られています。

肌や頭皮へのダメージは極めて少なく、徐々に染まっていくために急激に髪の色が変わったという目で見られることも少ないというものになりますが、それだけに効果は弱いもので、ヘアカラーのように一度使ったから白髪染めが終了、というわけにはいきません。そのためにすぐに結果を求める人には向いていません。あくまで髪や頭皮へのダメージが少なく、しかも少しずつ白髪を染めていきたい人向けと言えるでしょう。

 

ヘアマスカラ、ヘアスプレー

これらはあくまで長期間にわたって白髪を染めるものではなく、一時的に白髪を見えなくすることを目的としたものです。たとえば普段茶髪の若者が、その日一日だけ黒髪にしないといけないといったときなどに使用するスプレーに近いものがあります。

そのために洗い流せば色が落ちてしまうものがほとんどで、しっかりと染めるという意味合いからはかけ離れたものとなっています。これらを使用するときは、一部分だけの白髪を隠したい、その時だけ白髪を隠したいといったときにのみと考えられます。

 

植物由来の染料

近年、健康志向や安全志向が進められるなかで注目されているものになります。ヘナやインディゴなどの植物を由来とした染料を使用する白髪染めで、化学薬品などを含んでおらずにあくまで自然や天然由来の成分のみで髪を染めていくものになります。

様々な化学薬品を含んでいないために髪や頭皮を傷める可能性がもっとも低いものになりますが、それだけに効果が薄く、しっかりと染まるまでにはかなりの時間が必要となります。これもすぐに結果を出したい人には向いているとは言えません。

 

まとめ

お店で行わずに自分で白髪染めを行う場合は、こういった様々なタイプの白髪染めから自分の目的や用途にあったものを選ぶことが重要となります。また、同じヘアカラータイプの製品でもメーカーによって自分に合う、合わないが必ずあります。まずは色々と試してみて自分の髪質にあったものを使用するようにすると良いでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。